• TOP
  • 合格者インタビュー・先輩の勉強法

合格者の声・先輩の勉強法

※ EOKは、個人情報保護に関する観点より、内定者の氏名はイニシャル表記とします。
  また、顔出しは、ご本人より了承を得て掲載させて頂いております。

強い願いで引き寄せた第一希望CA☆

航空会社 フィリピン航空
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Mさん (フィリピン航空)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘  「勇往邁進」です。
一度きりしかない自分の人生なので、
後悔しないように自分がやりたいと思ったことは全力でやろうと心がけています。

先輩からのメッセージ

客室乗務員になりたいというキラキラした思いを持つ反面、 時には不安や悔しさで涙を流す時があるかもしれません。 そんな時は1人で悩まず家族や周りのお友達にお話ししてみてください。 絶対に味方になってくれて全力で応援してくれます。 もちろん先生も親身に相談にのって下さいます!! また辛い時は「なぜ客室乗務員になりたいのか」という 自分の初心を思い出すと、また頑張ろうというやる気が湧いてくると思います。 熱い気持ちで行動していればそれは絶対に伝わります。 私も応援しています、頑張ってください!!!

インタビュー全文はこちら

ポジティブな気持ちで掴んだ客室乗務員への道

航空会社 ANA
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Mさん (ANA)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「ことだま」です。
ことだまを信じています。
ポジティブな言葉ばかり発しているときはたいてい良い流れになります。
ネガティブな言葉は極力発しないように小さなころから心がけています。
そのおかげか私は運がいいなと思うことはよくあります。

先輩からのメッセージ

私は学生時代から客室乗務員に憧れていながらも、 なかなか自信を持てずCA受験をこれまで受けてきませんでした。 でも、社会人になってから英語であったり、 職場でも客室乗務員になるのに必要な力は何かなど 常に考えて過ごしてきました。 なので、ゆっくりであっても努力を続けていくことで 確実に夢に近づけるものだと今回改めて感じました。 自分に怠けず努力をしていると自信が持てます。 CA受験では周りに魅力のある方がたくさんいるので、 その中でも自分に自信を持って挑むことができれば 面接官にあなたの魅力と気持ちは伝わると思います。 努力は絶対報われます!皆さんの夢も叶いますよう応援しています!!

インタビュー全文はこちら

努力で切り開いた☆客室乗務員としての道!

航空会社 スカイマーク
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Rさん(スカイマーク)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 努力と思いやりです。
家族や友人に対しても、お客様や初対面の人に対しても、
常に思いやりを持てるようになりたいといつも思っています。
 

先輩からのメッセージ

私なんかのメッセージで本当に申し訳ないのですが、、、CAという夢を叶えた今、 いつも見ている景色がいつもより綺麗に見えるくらい、生活が変わりました。どんな些細な事でも、 目標に向かって頑張っている時は、すごく幸せだと思います。辛い時も楽しい時も、 頑張っている皆さんは素敵です。身体に気を付けて頑張ってください。

インタビュー全文はこちら

輝く笑顔がセールスポイント

航空会社 JAL
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Yさん (JAL)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「いつも太陽のように」です。
私は太陽の陽をいう漢字が使われていることもあり、
常に笑顔、前向きでいることを大切にしています。
西田先生に「笑顔が素敵」と言って頂き、自信になりましたし、
JALの内定連絡でも笑顔がいいと人事の方に言って頂きました。
笑顔が何よりも自分の強みです☆

先輩からのメッセージ

客室乗務員になるという強い意思を 持って努力し続ければ必ず、報われます! JALや某外資系エアラインも 面接中の私よりも普段の私をみようとしていました。 人として普段から成長できるようにしていれば、 面接中も迷うことなく普段通りに答えることが出来ます。 私は、就職活動中に悔しい想いを沢山しました。 でも、最後まで諦めなかったからこそ 内定を頂けたのだと思います! 息抜きを忘れずに、頑張ってください!

インタビュー全文はこちら

新しい制服でスタート☆新社会人

航空会社 ANA
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Mさん(ANA)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「我以外皆師匠」
私が出会う全ての方や全ての経験から学ぶことがあると思います。
常に学ぶ気持ちを大切にしたいです。

先輩からのメッセージ

高い倍率にたじろいでしまうかも知れませんが、 面接官は丁寧に一人ひとりを見ていると感じました。 なので対策をしっかりして自信をもって挑めば、 評価してくれる航空会社は必ずあると思います!

インタビュー全文はこちら

短期集中で掴んだ☆第一志望

航空会社 ANA
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Mさん(ANA)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「若い時の苦労は買ってでもする!」
忙しい時、つらい時、
この言葉を思い出すと「ここでギブアップしたら後悔する!」
と思えて頑張ることができます。

先輩からのメッセージ

少しずつだったとしても努力を続ければ目標は達成できると思います。 失敗することもあるかもしれませんが、 失敗こそ成長するチャンスととらえて諦めず挑戦し続けてください。 (適度に休憩しながら!)

インタビュー全文はこちら

短期集中で夢をつかんだ

航空会社 ANA
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Mさん(ANA)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「人間は、他人が変えるものではない。自分自身がかわるものだ」という言葉です。
周りの協力なくして生きていけないけれど、どんな人でも自分の気持ち次第で多くのチャンスに出会うことができると思うからです。

先輩からのメッセージ

スポーツ少女だった私で客室乗務員とは程遠い存在でしたが2年間、客室乗務員になるために多くのことに取り組んできました。想い続けて努力していけば必ず報われると思います。そして試験の時に急に頑張り始めるのではなく少しずつ自分を高めていくことがエアライン受験では必要なのではと思います。あきらめずにがんばってください。応援しています。

インタビュー全文はこちら

諦めないことが成功の秘訣☆

航空会社 スカイマーク
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Hさん(スカイマーク)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 無駄なことは一つもない、全ては未来に繋がっている。

先輩からのメッセージ

私は今まで何十社もの、客室乗務員の試験を受験してきました。 合格に至るまで悲しい思いもたくさんしましたが、 皆様もいつか働くべき航空会社にたどり着けます! 頑張ってください。

インタビュー全文はこちら

キャリアをいかし新たなステージへ☆

航空会社 ジェットスタージャパン
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員 客室サービスマネジャー
氏名イニシャル Hさん(ジェットスタージャパン)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘  Enjoy My Life!! とにかく人生を楽しむこと!!

先輩からのメッセージ

私は大韓航空を辞めてから、ジェットスタージャパン合格までかなりの時間がかかりました。 年齢に関してや既婚者ということもあり悩むこともありましたが、諦めず頑張り続けてきました。 皆さんも夢を諦めないで頑張って下さい!!いつか必ず叶う時が訪れます。

インタビュー全文はこちら

信じぬいて第一志望へ☆

航空会社 エミレーツ航空
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Yさん(エミレーツ)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 “夢は諦めなければ絶対に叶う” 
“なりたい自分になるために、努力を惜しまず、自分を決して偽ってはいけない”
辛くて心が折れそうな時も、この言葉をずっと自分に言い聞かせてきました。

先輩からのメッセージ

絶対に最後まで諦めないで下さい。私はこの春大学を卒業しましたが、昨年5月に留学先から帰国し、遅めの就職活動のスタートとなりました。エアライン受験も同時に進めましたが、当初は一般企業の就職活動でも、エアライン受験でもなかなか御縁がなくとても辛い時期を過ごしました。エアライン受験で、私は今まで何十社と受け、4社最終落ちを経験しました。 その時、私は客室乗務員に向いていないのではないか?と自信喪失してしまうこともありました。しかし、自分を信じられるのは自分しかいません。何度、挫折しても絶対に最後まで諦めない精神力と、欲しいものを手に入れるためには努力をすることの大切さを、私はエアライン受験を通して学び、得ることができたと思います。 そして、この度第一志望であった、念願のエミレーツ航空に御縁を頂けることになり感無量です。もし自信を無くして落ち込んでしまうことがあっても、絶対に夢を諦めないで下さい。苦しい経験をした分、受かった時の喜びは一入です。応援しています!

インタビュー全文はこちら