合格者の声・先輩の勉強法

※ EOKは、個人情報保護に関する観点より、内定者の氏名はイニシャル表記とします。
  また、顔出しは、ご本人より了承を得て掲載させて頂いております。

謙虚さと努力がご縁への条件

航空会社 キャセイ
内定(内内定)年 2018年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Rさん(キャセイ)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「勝って驕らず、負けて腐らず」相撲の、
新小結に昇進した貴景勝が記者会見で話していた
この言葉の響きが好きで、ずっと意識しながら生活しています。
(相撲に疎いのですが..)
エアライン受験をする中で、
他人と比べて一喜一憂することはほとんどの人が経験があると思います。
ですが、勝って舞い上がることなく、
失敗してずっと凹むことなく謙虚に努力を継続していくことは
大切なんじゃないかと信じてます。
この言葉のおかげで自分を冷静に客観視しながら、
自分らしく面接に臨めたと思います。

合格者インタビュー

西田:
何故数多くある航空会社の中でキャセイを目指されたのですか?
 
Rさん:
やはり日本人クルーということに関わらず、
世界中の路線を経験できるからです。
性別や年齢より、人それぞれの個性を見てくれる
航空会社という印象があったのも
キャセイが魅力的だと思った理由です。

 
 
西田:
どのようなお仕事に就いてこられましたか?
 
Rさん:
学生時代は緑のエプロンのコーヒーショップで働いていました。
その後は、シェフをしたり空港でアテンド業務を経験しました。
 

 
西田:
海外経験について教えてください。
 
Rさん:
ニューヨークに3年ほど留学、
ベルリンに半年程住んでいました。
海外には30カ国ほど訪れました。

 

西田:
今回の試験内容で印象深かった内容は?
 
Rさん:
最終の個人面接です。根掘り葉堀り質問されましたが、
面接官も一生懸命に自分のことを知ろうとしてくれ、
とても中身が濃い時間でした。

 
 
西田:
今回の試験にあたって準備したことは?企業研究の方法は?
 
Rさん:
西田先生に助けていただきながら、自己分析を入念にしました。
自分の持ち味をどのようにキャセイとリンクさせるかを常に考えていました。
企業研究は、ホームページを隅から隅まで読み、
YouTubeで現役クルーのインタビューから雰囲気をつかんだり、
過去の慈善活動や、CEOのインタビューなどチェックしました。
他の会社と差別化できるようなネタを発見できるよう意識していました。

 
 
西田:
試験当日、アピアランスで気を付けたことは何かありますか?
工夫された事などありましたら、教えてください。
 
Rさん:
髪をしっかりスプレーでまとめ、
スーツにホコリやシワがないかこまめにチェックし
清潔感を意識しました。
靴磨きセットも持参していました。
口臭も普段以上に気をつかいました。
 

 
西田:
日頃から心がけている、美容法やストレス解消法を教えてください。
 
Rさん:
野菜を食べたり水をたくさん飲んだり、
食生活は特に普段から意識しています。
歩くのが好きなので、時間があれば散歩などしてストレス発散してます。
 
 

西田:
好きな言葉や座右の銘があれば教えてください。
 
Rさん:
「勝って驕らず、負けて腐らず」相撲の、
新小結に昇進した貴景勝が記者会見で話していた
この言葉の響きが好きで、ずっと意識しながら生活しています。
(相撲に疎いのですが..)
エアライン受験をする中で、
他人と比べて一喜一憂することはほとんどの人が経験があると思います。
ですが、勝って舞い上がることなく、
失敗してずっと凹むことなく謙虚に努力を継続していくことは
大切なんじゃないかと信じてます。
この言葉のおかげで自分を冷静に客観視しながら、
自分らしく面接に臨めたと思います。
 


西田:
EOKを選んだ理由を教えてください。
 
Rさん:
やはり、過去の合格者輩出実績に魅力を感じました。
こんな自分でもCAになれるんじゃないかな?
と最後の駆け込み寺のようにレッスンに参加しました。
先生は、褒めて伸ばしてくれますし、
修正するべきことは本音で物腰柔らかくアドバイスをしてくださり、
EOKで学べて本当に良かったと感謝でいっぱいです。
 


西田:
これから客室乗務員を目指される後輩の皆さんに、
応援メッセージをお願いいたします!
 
Rさん:
新卒で合格する人もいれば、5年かかる人もいると思います。
ご縁のある会社と巡り会える日は来ると思います!
目の前のことからコツコツと、焦らず身構えてください!



前の記事へ 記事の一覧 次の記事へ