合格者の声・先輩の勉強法

※ EOKは、個人情報保護に関する観点より、内定者の氏名はイニシャル表記とします。
  また、顔出しは、ご本人より了承を得て掲載させて頂いております。

30代での華麗なる転職

航空会社 チャイナエアライン
内定(内内定)年 2017年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Yさん (チャイナエアライン)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「若さとは心のあり方」 
人はその信念に比例して若くあり、疑いに比例して老いる、という意味だそうです。
何かの記事で見つけた言葉です。
心の状態は顔に出やすいので、
前向きな考え方や何事も楽しむことを意識するようにすると、
物事は大きく変わってくると思います。
30代でのエアライン受験でしたので、この言葉は心に響きました。

合格者インタビュー

西田:
数ある航空会社の中で、なぜチャイナエアラインを目指されたのですか?
 
Yさん: 
旅行に行ったときに、台湾の街や人々の雰囲気に魅了されて好きになり、
日台間の路線が多い点が魅力的で、
台湾を代表するチャイナエアラインの客室乗務員として働きたいと思いました。


 
西田:海外経験はおありですか?
 
Yさん:
学生時代に、イギリスで1か月のホームステイや、タイでのボランティア活動、
フィンランドの大学に1年交換留学しました。
フィンランドでは現職で数か月お仕事する機会もありました。
大学生の頃は、若い目線で外国をたくさん見たいと思い、
アルバイトなどで貯めた資金でアジアやヨーロッパ、アメリカへ1人旅をして
たくさんの人々と出会いとても貴重な経験をしました。

 

西田:
試験当日、グルーミングに気を付けたことは何かありますか?
 
Yさん:
スタイルが良く見えるように、タイトなスーツに、
7cmヒールの靴、メイクは口紅を意識して普段よりもしっかりと、
髪はアップにせずおろしていきました。
面接が近づくと、肌に良い食べ物を摂ったりしていました。
清潔感を一番に意識しました。

 

西田:
日頃からストレスを解消するために行っていることがあれば教えてください。
 
Yさん:
単純ですが、楽しいことを考えたり、寝て頭を切り替えます(笑)
他には、映画で別世界に浸ったり、
コメディードラマで大いに笑ってストレスを吹き飛ばします。



西田:
仕事と勉強の両立の為に工夫されたことは何ですか?


Yさん:
毎日の通勤時やランチ時間に、
レッスンで習った面接のイメトレや情報収集をしたり、
帰宅後やお休みの日にじっくり提出書類の準備をしたりしました。
旅行会社で対お客様の仕事をしていたので、
喜ばれるサービスを自分なりに工夫して実践したり、
日々の仕事からも勉強していました。

  

西田:
好きな言葉や座右の銘があれば教えてください。
 
Yさん:
「若さとは心のあり方」 
人はその信念に比例して若くあり、疑いに比例して老いる、という意味だそうです。
何かの記事で見つけた言葉です。
心の状態は顔に出やすいので、
前向きな考え方や何事も楽しむことを意識するようにすると、
物事は大きく変わってくると思います。
30代でのエアライン受験でしたので、この言葉は心に響きました。

 

西田:EOKのレッスンはいかがでしたか?
 
Yさん:
通うことができて本当に良かったです。
レッスンがいつも笑いあり楽しかったので、
毎回レッスンに行くのがとても楽しみでした。
マンツーマンでのレッスンで90分間先生を独占でき、
分からないところはすぐに質問したい性格なので、
一つ一つクリアにしながら進めて下さったのは私のペースに合っていました。
先生は自分の気づいていないところや、見られていないようなところまで、
いつも的確にご指摘してくださるのでとても有難かったです。
私は面接や書類での自分を売り込むことが苦手でしたが、
英語の単語一つにしても、面接で活かせられそうな表現方法も
丁寧にたくさん教えていただきました。
エントリシートも細かいところまで深堀しながらお付き合い下さり、
何の取り柄もない私の自己PRがとても魅力的な内容になるよう
みっちりお手伝いくださいました。
応募締切直前にもかかわらず早急にご対応いただいた事もとても感謝しています。
もしEOKに通わず一人で受験をしていたら、
書類も通らず面接のチャンスすらなかったと思います。
例えどこの航空会社からもご縁がなかったとしても、
勉強になることが本当にたくさんありましたので、
EOKのレッスンに通えたことだけでも私にとってはとても良い経験だと思えました。

 

西田:
これから客室乗務員を目指される後輩の皆さんに、メッセージをお願いいたします!
 
Yさん:
今回30歳を既に過ぎて初めてエアライン受験に挑みましたが、
年齢でなかなか難しいのではないかと、
活動を始めるのに暫くは二の足を踏んでいました。
思い切ってEOKの無料相談会を機に実際に活動していくと、
30代でも受けられるチャンスは意外に多いと感じました。
もし同じように考えられている方がいらっしゃれば迷うことなく始めて頂きたいです。
私は最初に半年間と一区切りの期限を決めて活動をし、
応募年齢制限のない興味ある航空会社には可能性が低くても応募しました。
本格的な就職活動も約10年ぶりで、学生の頃に得意だった英語も、
活動を始めた頃は何もかもうまく口から出てこず愕然としたことを思い出しますが、
先生方からのサポートのお陰で半年以内に合格をいただきました。
個人レッスン以外に、少人数でのグループ対策レッスンも、
他の生徒さんからも学ぶことができるのでオススメです!
今回のエアライン受験はとても楽しく良い経験になりました。
人生は一発勝負で決まらないと思うので、
人生の転機だと思って悩まず楽しんで頂けると、
どこからかチャンスが舞い込んでくるのかもしれませんので、
望みを捨てずにチャレンジしていただきたいです。

前の記事へ 記事の一覧 次の記事へ

合格者インタビュー

Tさん(ルフトハンザ)

最大限の努力で掴んだドイツへの切符

Sさん(ソラシドエア)

涙の数だけ大きな喜び

Mさん(香港エクスプレス)

モットーは、Never give up☆