02nd Jun 2017

【JAL】2年連続「攻めのIT経営銘柄2017」に選定

JALは、「攻めのIT経営銘柄2017」に選定された。
「攻めのIT経営銘柄」は経済産業省と東京証券取引所が共同で
IT活用に戦略的に取り組む企業を選定・発表する事業で、
「中長期の企業価値向上」を重視する投資家に
魅力ある銘柄として紹介されるもの。

主な取り組み事例は

「どこかにマイル」
ITの力を最大限活用し、選ばれた地域との偶然な出会いから想起される新しい旅に、
その地域に実際に訪れていただくことによる日本各地の魅力再発見と地域活性化のお手伝い、
国内旅行の新しい価値観と旅のカタチを実現。

「SMART」
スマート・シンプル・スタンダード“をキーワードとして、
現場主導で整備業務専用のモバイルアプリを開発。
場所を選ばず必要な情報にアクセスできるモバイルアプリを活用して
整備士の業務を改革し、
航空機の品質と世界トップの定時性のさらなる向上を目指すとともに、
整備士の新しい働き方の世界標準を日本から発信。


今後も、
「世界のJAL」 × 「一歩先を行く価値」 = 「常に成長」
をキーワードに新たな挑戦を続け、
最新デジタル技術の積極的な活用を通じて、
お客さまに常に新鮮で感動していただける価値を創造してまいります、と結ばれている。

詳細オリジナルは、JALプレスリリースをご参照ください。 

参照メディア:JALプレスリリース

前の記事へ 記事の一覧 次の記事へ